2010年10月20日

104話!!

フィディオーーーーー!!
な、ななななななんてことを!!
ブラージにすがりついて懇願?!
そりゃブラージじゃなくても断れないよ!
シチリア産ブラッドオレンジ100%ジュース、あるいはエキストラバージンオリーブオイルのようなピュアさ。
恐るべし、天然パワー。

それにしても、フィディオの「マモル」って呼び方、やらしいね。
ヒロトの「守」も含みがありすぎてゾクッと来たけど、フィディオの「マモル」は呼吸するように
自然すぎて逆にエロい。
というか、「マモル」って名前がエロいんだ。
誰が口にしても隠語になる不思議な呪文、「マモル」
誰かが「マモル」って呼ぶたび、口にモザイク処理入る日も近いです。

あ、風丸は対抗しなくていいからね。
君の可愛い口元がモザイク処理されたら、何か違うものを想像するからね。
かつて、円堂家のBBQシーンでフランクフルトが焼かれていなかったのは、若い男の子たちが
集団でそんなものを食べていたら、卑猥すぎて画面がモザイクだらけになってしまうからでは
ないかと思う今日この頃。

つか、何でいきなり影山とフィディオでテレパス?!
影山の過去とか……そうか、そういう展開か。
影山少年、影山父とあまりに似すぎていて、母の遺伝子が見当たらないんですけど…と
素でツッコミ入れていたら、凄いもの見ちゃった!

影山の涙。

えええええええええ!!
影山泣いちゃう?!
しかも認めちゃう?!ダディを愛してると認めちゃうの?!
しかも気付かせてくれたのが鬼道とデモーニオとフィディオって……アンタどこまで
素直ですか。
そして鬼道とまでテレパス。
影山も影山だけど、鬼道も鬼道だよ!
「それが本当のアナタなんですね」
って、風景違う!どこそれ?!今二人でどこにいるの?!天上界?!二人の世界?!

いやもう影山ショック強すぎて、前半の「マモルショック」も忘れました。
白いスーツのせいで天使に見えるよ…今回のMVPは影山です。
posted by 三井寿里 at 23:59| Comment(0) | アニメ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: