2010年10月27日

105話!!

変われば変わるもんだ…
鬼道さん、影山の呼び方が「あいつ」から「あの人」になってますよ。
考えてみれば、影山が3期に渡る敵キャラだったわけだから、前回〜今回は、イナイレワールドにとっては、凄いターニングポイントだったんですね。
ルーシェのエピソードとか、いきなりイイ人になり過ぎなのがちょっとナンですが(笑)

ちび鬼道さんと影山の過去が、意外なほど地味だった地道なトレーニングの積み重ねだったことにびっくり。
ああして最高傑作は作られたのか……
何かもっとこう、最新型のマシンとか使って、失敗するとビリビリ〜!っと電流が流れて、鬼道さんが「ああっ!」なんて倒れこんだりするような、そんな派手で淫猥な特訓を想像してました。
「巨●の星」の某オヤジと息子の方が派手だよね。妙な矯正器具みたいなのが出てきたりしてね。

でも、地道な努力の上に、今の鬼道さんがいるんだと思ったら、何だか彼がますます愛しくなりました。


それにしても、キャプテン…完全に楽しんでますねあせあせ(飛び散る汗)フィディオとの対決。
「次は止めるぜぴかぴか(新しい)(キラーン)」って、いや、点取られたんだから、も少し悔しがろうよexclamation
フィディオもマモルマモル言い過ぎだからexclamation
風丸とヒロトが、顔で笑ってうなじにむかっ(怒り)マーク出まくりだからexclamation
んーでも、フィディオには悪いけど、多分キャプテンにとってフィディオは、円堂ハーレムinイタリア的存在なんじゃないかな。顔がキャプテン好みのスイーツ系だもんね。
おそらく、イタリア戦ではヒデがライバルになるんじゃないかと思うんだけど……隠しキャラがそこまで出張るだろうかexclamation&question
気になるのに、来週はプロ野球ですかexclamation&question
くーっexclamation×2
裸に必殺技養成ギプスを付けられた受け子たちをオカズに、二週間乗り切るよパンチ
posted by 三井寿里 at 21:38| Comment(0) | アニメ感想

2010年10月20日

104話!!

フィディオーーーーー!!
な、ななななななんてことを!!
ブラージにすがりついて懇願?!
そりゃブラージじゃなくても断れないよ!
シチリア産ブラッドオレンジ100%ジュース、あるいはエキストラバージンオリーブオイルのようなピュアさ。
恐るべし、天然パワー。

それにしても、フィディオの「マモル」って呼び方、やらしいね。
ヒロトの「守」も含みがありすぎてゾクッと来たけど、フィディオの「マモル」は呼吸するように
自然すぎて逆にエロい。
というか、「マモル」って名前がエロいんだ。
誰が口にしても隠語になる不思議な呪文、「マモル」
誰かが「マモル」って呼ぶたび、口にモザイク処理入る日も近いです。

あ、風丸は対抗しなくていいからね。
君の可愛い口元がモザイク処理されたら、何か違うものを想像するからね。
かつて、円堂家のBBQシーンでフランクフルトが焼かれていなかったのは、若い男の子たちが
集団でそんなものを食べていたら、卑猥すぎて画面がモザイクだらけになってしまうからでは
ないかと思う今日この頃。

つか、何でいきなり影山とフィディオでテレパス?!
影山の過去とか……そうか、そういう展開か。
影山少年、影山父とあまりに似すぎていて、母の遺伝子が見当たらないんですけど…と
素でツッコミ入れていたら、凄いもの見ちゃった!

影山の涙。

えええええええええ!!
影山泣いちゃう?!
しかも認めちゃう?!ダディを愛してると認めちゃうの?!
しかも気付かせてくれたのが鬼道とデモーニオとフィディオって……アンタどこまで
素直ですか。
そして鬼道とまでテレパス。
影山も影山だけど、鬼道も鬼道だよ!
「それが本当のアナタなんですね」
って、風景違う!どこそれ?!今二人でどこにいるの?!天上界?!二人の世界?!

いやもう影山ショック強すぎて、前半の「マモルショック」も忘れました。
白いスーツのせいで天使に見えるよ…今回のMVPは影山です。
posted by 三井寿里 at 23:59| Comment(0) | アニメ感想

2010年10月06日

102話!!

うおおおお!いい親子だ!親子愛だ!
久遠父娘……泣かせる(涙)
久遠パパ、ステップファザーなんかじゃないよ!強くてぶっとい赤い糸の絆で結ばれた親子だよ!
きれいごとばかりじゃなく、子供のために社会的には許されないカードも切ってしまおうとするのも、やっぱり親でしょ?
間違いじゃないかと迷いながらも冬香ちゃんのために、記憶をすり替えようとするところとかね……もう、どうしようもなく父親だと思った。

…と感激しながらも、久遠パパに掴みかかるキャプテンの男前っぷりにクラクラしていた、ダメな私。
あんなに身長違うのにね〜。大人と子供とか関係ないね。
冬香ちゃんはちびキャプテンの幻を見たけど、私は眩暈と共に、円堂×久遠の幻を見ました。
ちびキャプテンは、涎ダダ漏れるほど可愛かった……しかし、ちびでも彼は攻なのです。
多分、円堂守は、攻の星の下に生まれたんだと思います。円堂母、グッジョブ。

そして、今明かされる小野パパの真実。
影山を利用する別の存在とか……自分が書いてる話(イバラノミチ)とかぶりそうで、ちょっと冷汗かいてるんですが(苦笑)
ますます子供向けアニメにはあるまじき火曜サスペンス路線ですね。
大介さんの謎の糸がどこへ行き着くのか、すごく楽しみ!

冬香ちゃんもいい子だし可愛いコなんだけど、やっぱり私のお気に入りは夏未嬢。
別れ際、「戻るわ。円堂くんのところに」って言いたかったんだろうなあ。ホントにこの子は可愛いvvv
新EDもね!女の子たち皆それぞれに可愛かったけど、ボールが飛んで来てあわあわする夏未嬢がめがっさ可愛かった!

でも、新EDで一番のお気に入りは、髪がなびいてるキャプテンのショットです。
スパッツといいタキシードといい、3期のキャプテンは無駄に色っぽくて参る……(倒)

↑というレビューを、日記「奥方の毎日」の方に書き込んでいました。どれだけキャプテンに魂抜かれていたのか…私(汗)
posted by 三井寿里 at 22:13| Comment(0) | アニメ感想